接点復活剤 カスタム・オーディオ・ジャパンの CLEANSABLE。。

まぁそんなわけで、

お仕事もひと段落して、
ちょっとゆったりな午後。

久しぶりに会った
クライアントさんもお元気そうで、
あれこれと、お話に
花が咲いちゃいましたです。

打ち合わせ~.jpg

その方にはねぇ、、
このお仕事を始めた頃から
ずっとお世話になってる?
良くして頂いてる?
気にかけて下さる?

どの言葉もちょっと違ってねぇ
なんだろうなぁ、、

お父さんみたいな人、
って言ったら
「俺はそんな歳じゃない」って
叱られるかな。笑

でもほんと、
周囲の人に恵まれるって、
だいじですね。

お世話になったぶん
これからも、お仕事で
返していかないとなぁって、
あらためて思いますです。

扇風機のスイッチ接触不良.jpg

で、
さっき事務所に帰ってきたら、
事務の子が扇風機を出して、
お掃除しててね。

ちょっと早くない?って言ったら、
「昨年、出したとたんに
 故障したから、
 早めの試運転です」ってね。

ほほぉ~、そのほうも
抜かりがござらんなぁw

ってことで、
ふたりでスイッチおーん♪

・・・・・?
おーん!・・・・??
おんおんおんおん、おーーん!!

・・・・・ダメですね
いきなり故障w

ってことで、
早速スイッチ・パネルをバラし
カバンから接点復活剤を出して~


エーゼット(AZ)
接点復活剤スプレー962
家電用(電源まわりに)


回転速度切替SWにシューっとな。
ほい!、ふっか~つ♪

でね、事務の子が
「なんで復活剤、
 持ち歩いてるんですかw」ってね。
笑うんですょ。

まぁ、たしかにね
ふつう無いですょねw

けど実際、一本持っとくと
なにかと重宝するんですょね。
ただ、吹き過ぎには要注意ですけどね。

薬と毒は表裏一体で、

油分に対して洗浄力があるってことは、
必要なオイルの皮膜や
グリスまで落としちゃうし、

電気的に導通が良くなる
ってことは、絶縁も悪くなる。

なにげなく使ってるけど、
用途によって、
ちょっと使うコツが要るかな
って感じです。

ちなみに私は、
お仕事関係の機材と家電類なんかで
復活剤も使い分けてます。

ホームセンターなんかで
売られてるものは、
音楽関連の機材には
向かないものも、あったりして

そっち方面には、それ用のモノがね、
実際出てたりしますね。


接点復活剤.jpg
↑ふだん使い用
これはこれで量もあって
出番も多い。


CAJ CLEANSABLE.jpg
↑気合入れる用w
CAJ (カスタムオーディオジャパン)の
CLEANSABLE(クレンザブル)


最初に買った、
中古MTRのフェーダーにガリがあって
父に見せたら、某CRCが出てきてですね。

ひと吹きしたら
ガリは消えたんだけど、
どのトラックも
「ぶ~ん」と鳴りっぱなし:泣

某CRCは、
たしかに超スグレモノだけど、
まぁ適材適所ってお話ですね。

高校生の頃、
とあるバンドさんのツアーで
機材の搬入搬出の
バイトをしたことがあって、

半年くらいかな、学校休んだんですね。

授業にも、勉強にも遅れたけど、
そのときのPAさんに教わったことが、

今でも、
色々と役に立ってたりします。

「接点復活剤は毒だから、
 必要最小限にして、
 
 使ったぶん、すべてを
 拭き取るくらいでちょうどいい」
っていうのも、そのひとつです。


CAJ Cleansable mist

 
その人が、ミキサーの
メンテをしてるの見てたら、

ジャックもプラグも、
液体の復活剤を、
ほんの少し綿棒の先につけて、
薄く塗り伸ばしたら、

5分くらいで
拭き取っちゃうんですね。

せっかく塗ったのに、
もう取っちゃうんだ
って思ってたら、

今度は、
ハンドランプ(白熱球の照明ね)で、
プラグの表面をあぶるんですね。

そうすると、よぶんな復活剤を
除去できるんだそうです。

野外のイベントで雨だったりすと、
完パケして、
持ち帰った機材のすべてに、
それをしてるそうです。
マイクの本数考えただけでも、、ねぇ:汗

それでも、錆が出ちゃう場合もあって、
そういうときは、

目の細かい紙やすりを使って
落とすそうです。
金メッキのジャックなんかは、
その力加減が難しいみたいですね。

スプレータイプは、
ピンポイントで使うのが難しいので、
基盤をまるごと
洗浄したい時しか使わない、
とも言ってましたです。

スタジオのコンソールなんかも、
定期的にジャックを抜き差しするだけで、

接点不良を、かなり
抑えられるみたいなので、

私はDAWに使ってるPC周りも、
ときどきバラして
組み直したりします。

まぁでも、ほんとに
復活させたいものは、

もっと違うところに、
あるのかも
知れませんですね。

一度きり、
復活できないからこそ、

輝くのかもです。。





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック